わぁちゃんねるのブログ

YouTubeに『わぁちゃんねる』を開設しています。ブログは動画概要や日記、アル中話が中心です。

【育児】親父はチャレンジカップ、子供はチャレンジタッチ


育児ランキング

 

年を重ねるとついつい出てしまうオヤジギャグ。

うちでは長女がチャレンジタッチをしているんですが、チャレンジタッチで語感がチャレンジカップそのものじゃないですか。

 

なので、ついつい「お!今日もチャレンジカップですか?SG制覇間近ですな!ガハハ!!」なんて言葉がもう反射的に出てしまう年になりました。

 

さて、そんなもので奥さんにも子供にも「うわぁ...」なんて目で見られながら子供のチャレンジタッチを応援しています。

 

勉強習慣をつけたいキッズはチャレンジじゃなくてチャレンジタッチを選択するといいと思いますよ。

自分専用のタブレットが来るぞ!

どうだワクワクするだろう!!

 

でも、親からはやれやれ言われるぞ!覚悟しよう!!

 

続きを読む

【学習】数値解析法【通信課程】

 
通信大学生ランキング

 

 

僕はこの科目は全く理解できませんでした。

何をしたいのかはわかるんですが、レポートで問われている事に答えることができませんでした。

ただ、この科目で掴んだことがあります。

 

それは、レポートの再提出って二回が上限なんじゃね?ということです。

きっと、トンチンカンなレポートを提出していたと思います。

事実、先生からもそれをしてされてます。だって聞かれてることがわからないんだもん。

で、対して内容の変わらない再提出レポートを提出しても2回目で合格をもらいました。

 

試験もそうかもしれません。

僕は1回ダメで2回目もダメということがなかったんです。

最高2回で合格になってます。その場合は全てC評価でした。

 

続きを読む

【学習】電気回路2【通信課程】

 
通信大学生ランキング

 

 

電気回路1の姉妹教科です。

wachannel.hatenablog.com

電気回路1は正直なところスーパー楽勝です。

オームの法則から始まって極座標表示までです。

交流の表現方法で三角関数をちょっと使うかなって感じなのでそこまで難しくはありませんでした。

電気回路2はテキストで言えばその続きなんですが、内容は終盤に向かって楽になります。

最初は複素数を使って交流回路の解析やテブナン則で回路を解析したりします。

終盤になるにつれて、三相交流回路や過渡現象を扱いますが僕的には回路の解析よりも、数学的な表現の方が難しく感じました。

極座標表示でオイラーの法則とか使いますし、複素数、ベクトル、この辺はしっかりと苦手分野です。

逆に回路の解析がテキストの後半に載ってるということは何度的にはそっちの方が上ということでしょうから、そっちが苦手な人も当然いると思いますから人によるんでしょうね。

 

工業高校を出ていると多分こういう感じになるんだと思います。

基本的な数学の知識がないのでそっちが苦手で回路の解析とかはそれに特化した授業を受けてるのでなんとなくわかる。

100歩譲って普通校に行くべきだったと強く思います。

  

続きを読む

【学習】微分積分2【通信課程】

 
通信大学生ランキング

大学に入ってから微分積分を学び始めたんですが、最初はちんぷんかんぷんだった微積も計算を重ねることで徐々に慣れてきたのを覚えてます。

数学系は『なんのためにこの計算をするか』を考えると詰むので写経のように計算を解き続けるのが数学に苦手意識をなくすコツだと思います。

 

解き続けるとなんのために計算をするのかが理解できるじゃないですか。

そうすると数学って表現だということが骨身に染みて理解できるわけです。

 

数学が「表現方法」ということが分かると計算してるこの微積が何を表現してるかを考えるのも楽しいなぁなんて感じていました。

 

3年4年になると微積は使えて当たり前っていう感じになるので、この微積2でなんとしてもものにしたかったので僕は体が覚えるまで問題を解きました。

理工学部なので、基礎になる数学どういう手段であれ理解を深めることをオススメします。

 

続きを読む

【学習】西洋史【通信課程】

 
通信大学生ランキング

歴史系は歳を重ねてから勉強をした方がいいと思ってます。

理由は単純に歴史の重さを理解するには年齢を重ねて、自分の経験と日本や世界の情勢がを加味すると理解が深まると感じています。

もっとも2000年前の人と今の人でスペックはほとんど変わらないので歴史から学ぶことは多いですよね。

今も昔もツールは違えどやってることは大体同じで、食糧の獲得と政、それらの記録ですよね。

これを円滑に進めるためにテクノロジーの発展があったわけですよね。

それって「何かを伝えるため」だと感じたんです。

人は「他人に思いを伝えるためにここまで発展してきた」と。

 

今は何かを伝えるのに時間の概念はほとんど不要になって今地球の裏側で行われている誰かのライブ放送をリアルタイムで見る事ができます。

19世紀に電気を扱えるようになって爆発的に「伝える距離と時間」が縮まったわけで、狼煙から始まった遠方への意思伝達は究極までたどり着いたと思っています。

そう考え得ると電気通信って人の知恵が振り絞られてるなぁと感じて興味をかき立てません?

それは僕が電気通信を専攻してたから感じるだけですね(´ー`*)ウンウン

  

続きを読む

【学習】数理統計学【通信課程】

 


通信大学生ランキング

 

入学以来ボチボチ順調に過ごしていた僕ですが、2年生になって大学の勉強の壁に当たります。

一般教養も並行して取ってましたが専門的な科目の割合が増え勉強の強度も上がってきたと感じていた2年目。

その『大学の授業の洗礼』を初めて浴びたのがこの科目が最初でした。

下のレポート提出日をみていただければ分かりますが、再提出をくらっています。

 

その理由はレポートへの参考文献の記載漏れでした。

ボロクソな講評をいただき無事再提出となったんですが、そこまで言わんでも...と思いましたよ。正直。

でも、今なら出典を明らかにすることの大切さが分かりますから参考文献が記載されてないレポートなんてレポートにあらず。

すなわち僕は受け取り拒否をされても仕方ない書類を先生に対して提出していたということになります。

会社とか役所とかに出すどうでもいい書類じゃないですからね。

僕の研究した成果を評価してもらう書類なんですからそりゃちゃんとしなきゃいけませんよね。

僕は大学のイロハをこの先生から学んだと思っています。

 

続きを読む

【学習】英語3【通信課程】


通信大学生ランキング

大学に入った理由は学歴コンプとか資格を取るためとか学力向上とかまぁ色々あるんですが、その中の一つに「英語をちゃんと学びたい。よしんば話せるようになりたい」というのがありました。

「ありました。」って過去形で書いてるので目的は達成されたのかと思いきや、話すどころか英語4で教員にボッコボコのケチョンにされて尻尾を巻いて逃げ出しました。

一目散です。一目散。

三十路のおっさんが先生にガチのダメ出しをくらって次の日からその授業やらないという逃げっぷり。

 

まぁ舐めてたんですよ。英語3までは辛うじて単位を取りましたから。

いうて語学って「伝わればいいじゃん?」みたいなところあるじゃないですか?

だから文法的にはまぁこれで伝わるべwと思ってレポート出したら採点途中でやめられた上で「真面目にやれよ!お前は日本語読めねーのかおい!適当に回答してんなよ!」みたいな文章をいただきました。

 

土台無理なんですよ。

日本語はSOV型、英語はSVO型。そもそも違うんすわ。

英語が地球語だ?ふざけんじゃないですよ。

英語よりも漢字使えってんですよ。漢字。

漢字はいいぞぉ。一文字で物の状態まで表せるなんてなんて奥ゆかしい。

例えば「珍」。

この一文字で珍しい物なんだなってわかるわけです。

すごくない?漢字。

 

英語を改めて挫折し漢字の素晴らしさを改めて感じました。

意味は違えど同じ文字でアジア方面では使えるからね。すごい。

 

 

続きを読む

【学習】データ構造とアルゴリズム【通信課程】


通信大学生ランキング

大学2年って結構辛かったのを最近思い出しました。

一年は専門科目もそんなになくて、一般教養も多くて勉強に体を慣らす期間だったと思います。

3年目以降は専門科目がウェイトを占めるので自分が専攻してない科目は捨てていけばよかたんですが、2年目はその中間で専門性もあがる上に基礎的な科目も多く捨てるわけにいかずに大変でした。

専門基礎ってやつですね。

物理に始まり数値解析や数理統計、微分積分2とこないだレポート記事にした離散数学もそうですね。

離散数学はセキュリティ関係を学ぶには絶対に通らなければいけない基礎なんですが、僕はそれを専攻する気は無かったので心が折れました。

そうなんです。僕が大学で勉強したかったことは自動制御と半導体なんです。

ガチガチの電気機械を勉強したかったんですが、いかんせん情報科学科なので情報の授業も避けては通れないんですが、このデータ構造とアルゴリズムはいわば情報を機械的に動かす仕組みなわけですからシナジーもあるかなぁなんて思って勉強しました。

 

続きを読む

【学習】大学院どうしよっかなぁという話

にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村

僕は「あの頃もっと○○していれば」的な言葉をなるべく使わないようにしてます。

後悔しても始まりませんし、こういう後悔ってどうせ必ず生まれるじゃない?

どれだけベストを尽くしても「こうしてれば」「あぁしてれば」は出てくるわけですよね。

あの時酒を飲まなきゃなぁもっと長生きできたのに...

wachannel.hatenablog.com

 

僕は30歳手前で転職をしまして、それまでとは全く違う職種につきました。
仕事についていくために勉強をしていろいろと資格を取ったんです。

そんな中やっぱり思うわけですよね。
「あぁ...10代のころもっと勉強しておけばよかった...」って。
ちょうど資格の勉強も行き詰ったので僕は勢いそのままに大学に入りました。

そこを卒業したのは2018年度のことです。

 

ありきたりですが大学に行くと勉強するのに年齢は関係ないってことを痛感します。

 

日本に漂う「22歳で卒業しないとダメ」みたいな風潮はホント良くないと思います。

学びたい時に学べばいいんですよ。

そのほうが勉強も身に入りますし。大学って「研究機関」ですからね。
社会人で入学したので、就活なんてしなくていいわけで本来の大学の意義通り勉強に集中できました。

 

とはいえ僕も入学するまでは大学の意義をはき違えていまして。

いわゆる就職予備校だと思っていたので、大学なんて今更行ってもなぁという気持ちが強かったんですが、今は大学院に行くかを迷ってるレベルで勉強のやりがいを感じています。

とりあえず一年はゆっくりしようと思ってそれ以外の趣味に全振りしていましたがあっという間に一年経ちましたね。

大学院入試をするかどうか決めなければいけません。

 

僕は高校もギリギリで卒業した上、20代もどうしようもない生活を送っていましたから『あの時もっと勉強してれば』なんてのを思っては、過去は変わらないんだからと言い訳をしてました。

だから大学にいいタイミングで行けたたと思いますし、大学院も全然ありなんですよね。

終わったら絶対いい経験した!って胸をはれると思うんです。


大学生とサラリーマンの二足のわらじを履いていたので、勉強時間の確保含め超濃密な時間を過ごしましたし勉強はしといて損はないわけですし。

勉強してみると知識の蓄積のほかにも仕事や人生に生かせることがたくさんあって、あぁやってよかったなぁと感じています。

浦飯幽助もこう言ってます。

www.sponichi.co.jp

 

続きを読む

【大学】通信課程を卒業して1年。やりたいことはやったほうがいいと感じた話


通信大学生ランキング

大学を卒業して1年経ちました。

入学から卒業まで僕は社会人でしたので慣れない勉強や育児と三足のわらじを履いて生活をしてました。

それはもう師走の坊主も裸足で逃げ出す忙しさでしたし、すべてのわらじが理不尽に僕を責め立てるのでいつも半泣きでした。

ですが、この経験は何度も書いていますがとても素晴らしい経験でした。

心の底からやって良かったと思っています。

 

話は少し変わりますが最近元プロ野球選手の片岡篤史さんのチャンネルで高校時代の話を見る機会がありました。

彼はPL学院時代を振り返って『理不尽しかなかった』という旨の話をしていました。

(それでも当時桑田氏の練習時間を短くしたいといった提案を大人側がのんだり、感謝を重んじる教育だったりと古風な中にも先進的な教育を取り入れたんだと思わせる内容でした。)

結果として彼はプロ野球選手になるだけの素材だったからそれを乗り越えたのかも知れませんが高校時代の経験が逆境の多いプロの世界でも生かされたことで活躍できたんじゃないかと感じる内容でした。

 

人に理不尽を与えるのはどうかと思いますが、自ら挑戦の為に飛び込むのは割とありですよ。

僕は在学中に理不尽さをこれでもか!というくらい味わいました。

育児=>大学>>>>>>>仕事ですけどね。

片岡さんの話を聞いて理不尽さを笑えるようになるまで自己研鑽しなきゃなぁと感じました。

 

勉強はもう卒業したので次が始まるまでは笑ってられますけど育児は今真っ最中ですんでね...

育児ってのは親が成長するもんだっていう話をよく見ますがまさにそうで、苦悩と絶望の繰り返しです。

最近も深夜仕事に突然呼び出されて早朝帰って来たウトウトしてる僕の横でピアニカ演奏しだす連中です。

夜中の仕事なんて楽勝なんですが、追い打ちチルドレンは非常に無慈悲です。

 

続きを読む